お客さんはこんなところを見ている

お客さんの目線になる

思うように指名が伸びない時は、お客さんの視線になって自分、またはセラピストを見てみましょう。
 
勉強として他店の指名トップの人に施術してもらうのも良いですが、同業者として見るよりもお客さんとして純粋に見るほうが勉強になります。

セラピストチェックポイント

 
・ある程度の専門知識を持っているか
 

格安マッサージ店のセラピストだからと言っても、お客さんからしたらプロのセラピストです。
お客さんが国家資格レベルの知識を聞いてくるのは流石に場違いな感じはしますが、ある程度の専門的な知識は必要となってきます。
お客さんは体の事を聞いた時の反応をとてもよく見ていますよ。堂々と応えられるようにしておきましょう。
 

 
・施術に誇りを持っているか
 

セラピストは肉体労働ですし、日々の業務は大変ですが、お客さんは当たり前ですがそこまで気を遣えません。
そうなると、施術していてくれる時に疲れた顔や嫌々やっているような雰囲気を出すと信頼は得られません。
好きだけという気持ちだけでは、激務に埋もれてネガティブになってしまいますので、誇りを持って施術するようにしましょう。
 

 
・自分の体に関心があるか
 

持っている知識を機械のようにただ施術するだけのセラピストにお客さんはつきません。
しっかり自分の体と向き合い、自分に合った施術をしてくれているかを相手は敏感に感じ取りますから、頭だけで考えるのではなく、心を通わせるようにしましょう。
難しく感じるときは出来る範囲を堂々と行いましょう。
無理しても良い結果は生まれませんので、自分が出来る範囲で落ち着いて相手の心に寄り添いましょう。
 

 
・身だしなみ
 

自分の体を任せる相手ですので、身だしなみはどうか、清潔感があるかとうかはよく見ています。
髭や髪の毛、化粧、爪等は適切で清潔感のあるようにしましょう。
 

 
・人間性を見ている
 

マンツーマンで行う施術ですから、相手の事にとても敏感です。
言葉遣いや言葉の選び方、声の調子、表情等、いつもは気にしないような所にも目がいきますので心がけておきましょう。
取りつくろう必要は全くありませんが、いつもより人間性を見られているんだという意識を持つだけで良くなるはずです。
ただ、あまり意識しすぎて固くなってしまっては本末転倒ですので、その塩梅は自分でコントロールできるようにしておきましょう。
 

 
・押し売りか提案か
 

自分本位で指名客を確保しようとするセラピストは、どんなお客さんからも嫌われますよ。
ただ、お客さんの体を考えた結果通った方が良いと判断したら「次も来て下さい」と提案すべきです。
相手はそれを的確にキャッチします。